結果を出す人の収入は上がる

評価されない理由は、結果を出さないから

「頑張っているのに評価してもらえない」

資本主義社会のルールを知らない多くの労働者がなげいています。

しかしこれは残念ですが、仕方のない事です。

資本主義社会という人生ゲームの仕様書通りです。

人から評価されない理由はシンプルですが・・・
人の役に立っていない(結果を出していない)ので評価されないのです。

評価されたい(収入を上げたい)人は、結果(人の役に立つ)を出しましょう!

なんと!参考になりそうな記事を見つけた!読みますか?

いいえ

頑張るだけでは評価はされない

「頑張っている」という過程に関しては、心情的には評価される事でしょう。

しかし資本主義社会の現代においては、いくら労働者が頑張っていても人の役に立っていなければ評価(収入を上げる)は出来ません。

役立たずの人に対して、過程として頑張るほど給料を与えてしまうと株式会社は、倒産して経済は崩壊します。

人の役に立った(結果を出した)人を評価する(収入を上げる)事で資本主義社会はバランスを持って成り立っています。

どんな会社であれ、沢山の人の役に立って結果を出す人ならば、自然と評価されて給料は上がっていくのです。

資本主義社会は、結果を出す人間は評価される大変公平なルールでで上手くゲームバランスが調整されています。

自分は結果を出していると思い込んでいる自意識過剰な人も多いですが、もし本当に結果を出しているのであれば別の会社に転職しましょう。

結果を出せるだけの能力がある人であれば転職なんて簡単に出来るはずです。

世の中には、無数の会社や組織があり人手不足です。

沢山の人の役に立てる優秀な人物であれば、多額の給料を出す会社も山ほどあります。

転職活動は、自分の正しい市場価値を教えてくれる事でしょう。

資本主義社会のルールとして、収入はその人の役立ち度を反映します。

結果が、収入として自分に還ってくるのが資本主義社会のルールなのです。

結果を出す人は、努力している

結果を出す人が評価されるのは当然ですが忘れてはならないのが、結果を出すその裏側には、これまでの蓄積された努力があります。

これまで過去の知識・信用・人脈など積み重ねてきた努力によって結果が出るのです。

結果を出すために頑張っていない人ほど「天才」や「才能」のような簡単な言葉で片付けます。

しかし結果を出す人は、みんなその裏側で頑張っているのです。

その積み重ねた「努力」が「信用」となり「結果」となり「収入」が上がり最終的に「お金持ち」になるのです。

この章のまとめ

  • 頑張っても評価されないのは当然
  • 人の役に立って(結果を出す)評価される
  • 結果を出しているのに評価されなければ転職すればいい
  • 結果を出す人は、みんな努力をしている
  • 「努力」が「信用」となり「結果」となり「収入」が上がる

あなたは、沢山お金を稼ぎたいですか?

いいえ

お金のレベルアップが出来そうなアイテムを確認しますか?

いいえ

関連記事

  1. 時給を高める重要性

  2. プロ野球選手の収入が高い理由

  3. 低収入は、役立たず

人気記事

カテゴリー

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP